J〇のお株を奪う!?農業のFC化目指すSEAK(シーク)

(2019年8月7日 日経MJ 12面より)

今日も、暑かったです。いける!って考えて、はりきってチラシを配ってたのですが、かなりバテました。

さてさて。農業スタートアップのSEAK(シーク)の記事。

シークは、就農希望者に、自社農場での作業を任せ、収穫した野菜を

『ゆる野菜』

という名前で、都内の高級スーパーなのに、卸して好評だそうです。

そのシークが130農家のフランチャイズチェーン(FC)化する事業を本格的に始めるとのこと。

『農業したい!』

と思ったときに、「野菜を育てるノウハウがない」、育てても「販売ルートがない」とか。普通の起業のように、心がぼきって音がなりそうことだらけでしょうが、一番難儀なのは、

『農地を確保できない』

ってことかもしれないですね。いろいろと法律があったりするようなので。

シークでは、自治体と協力して、優先的に農地確保をさせてもらうことができるそうです。あと、すでに育てるノウハウ(ビニールハウスで育てたトマトの例:栄養分や、ITで温度調節、チャットで相談とかもできる)も提供されるので、これから農業を始めたいという人には、願ったりかなったり(すでに、ブランディングされてる「ゆる野菜」のネーミングが使えたら、より有難いですね)。

あと、ビニールハウス等の初期投資については、金融機関との調整中とのことで、リース契約とかで初期費用を負担しなくてすむ仕組みを考案中だそうです。

金融機関としても、不動産へ投資するよりは、きちんとしたバックがある人に融資をできるのは、ありがたい話ですね。

シーク自体は、苗や、培土、器具販売等の手数料収入を得る予定とのことです(リースの際に、手数料収入があるのかな??)。

あと、IT化とかのノウハウを蓄積すれば、日本だけでなく、海外でも事業展開できるそうですし、視野に入れてるのかな。

で、ここまで書いてて、ずっと思ったんですが、これって、普通一般的なJ〇さんがやらなあかん仕事のような・・・気がします・・・。

ここ数年、いろんな企業が金融業界に参入してきていますが、

『護られてる(た)業界』

狙っての起業は、敵もおおいかもしれませんが、これからますます伸びるかもしれませんね。

【元記事】

【登場した主な企業】

SEAK(シーク)
https://seak.asia/

【サービス】

農業への新規参入者を支援。土地の貸し出しや、育てるノウハウ、販売ルート等いろいろと支援

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました