(ビジモ)ロイヤリティ・加盟店料をとらないFC「ギフト」

2019年10月4日日経 MJ 1面から

ここ半年ほど、特にセブンイレブンの店主の反乱から、FCに対しての風当たりが強くなってきてる気がします。

共存共栄を目指すはずなのに、本部だけが儲かる・・・確かに、時代に合わなくなってきてるのかもしれません。

少し前の記事ですが、ロイヤリティや加盟店料ゼロでFC展開している「ギフト」という会社の記事が日経MJに載っていました。

店主は、

・屋号、内装等を自分で決めれる
・味も自分好みに変更できる
・ロイヤリティや、加盟店料がかからないので、働くだけ収入が増える

といったメリットがあります。自分のお店に愛着がないのに、他人が愛着を持つことはないでしょうから、お客にも愛着を持ってもらえるお店になる可能性が高いと思います。

では、ギフトがどこで儲けるか??というと、お店に卸す日々の商材から利益をとるそうです。それって、あんまり儲からないのじゃないか?と思いますが・・・って、ここで財務とかの説明ができたらいいのですが、財務の知識がないので、後々つけていくとして。

加盟店が増えることにより、スケールメリットが働いて、良い食材をより安く手に入れることができるそうです。

ここで、思い返したのが、

「店主が味を自分好みに変えれる」

点。本当であれば、同じFCであれば、同じ味だと思うのですが、屋号、内装も違うし、味も違うとなれば、

お客にとって、それをFCとは思わない=飽きられにくい

というメリットもあるのかもしれないですね。

商材以外に、新規でお店をだすのであれば、それなりの初期投資が必要となるでしょうから、ギフトが間に入って、銀行からの融資を低利でひきだしやすくできたらいいのにな〜と思ったりします(すでにやってるかもしれんですが)。

ロイヤリティをどれだけとるかは、今後のFCでやっぱり重要な課題によりなってきますね〜。

1ipadを勝ったので、思考の流れをちょっと図にしてみました。
(字が下手で、思考も・・・・)

新聞の元記事はこちら

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました