【映画・TV】ソード オブ アサシン(ベトナム)

最初、中華系の映画かな?と思ってみてたけど、言葉が違うし。調べてみたら、ベトナムの作品でした。

ワイヤーアクションがふんだんに取り入れられたアクション映画。ワイヤーアクションと分かっていても、それはそれで楽しめました。ストーリーは皇帝を殺した汚名を着せられ、殺害された家族の無念を晴らすといった、いたってシンプルなものでした。途中?な場面もあったけど、まあ、御愛嬌ですかね。

気になったのは、ベトナムのハンサム、美人基準。主人公はさほどハンサムと思えず、ヒロインはめちゃくちゃ可愛いとも思えず。ベトナムだと、ハンサム・美人になるのかな。あと、”ソード”とついていますが、主人公の武器は、” 棍(こん)”だったような気がします。

最初の狛犬のシーンと、決闘の決着のシーンの演出は???でしたが、飽きる事なく観れる作品でした。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました