【映画・ドラマ】ロケットマン

主演を務めている『タロン・エジャートン』がどんな歌を歌うのか気になったので、AmazonPrimeでみてみました。

エルトン・ジョンの幼少期から半生をミュージカルで描いています。

家族(父親、母親)との確執、彼がいかにして成功していったか、そしていかにして、狂っていったか。成功した後の父親との会話、母親との会話のシーンは、少し切ないというか、苦しいという気持ちがわいてきましたが、全般的に、話の起伏がもう一つ少なく、また、それによって役者の感情の起伏も見えにくかったのが残念でした。

って、ミュージカルってこんな感じなんですかねー。

タロン・エジャートンの歌もうまいし、舞台演出も良かったように感じたけど、もう一つ何か足りない気がしました。エルトン・ジョン、彼の半生の中での鬱積した部分をもっと強く、もっと激しい歌で表現できてたら、もっと面白かったのかもしれないです。ただ、それが難しいでしょうが。

って、言いながらミュージカルを観ない僕が最後まで観れた作品なので、面白いと思います。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました