ワンス・アポン・ア・タイム・インチャイナー天地大乱ー

何十年ぶりかで、ワンス・アポン・ア・タイム・インチャイナー天地大乱ーを観ました。

観てて、びっくりしたのが、気が付けば、ドニー・イェンがでてたこと。

最初、気づかなかったけど、横顔をみたら、

『え、ドニー・イェンちゃうん??』

と思ったら、やっぱり彼でした。

ジェット・リーと、ドニー・イェンの格闘シーンをみるだけでも、
価値ある作品です。格闘シーンは、しびれます。

昔に、観たときは、登場する孫文の意味合いとか良くわかっていなかったのですが、かなりストーリー性もある作品だったんですね。今の中国だったら、NGかもしれません。

白蓮教の話とか、モチーフは、黄巾の乱かな?と思ってたら、普通にあの時代に白蓮教ってあったんですね。

昔、みた作品を、少し知識を得てみてみると、時代背景とかがわかって面白いです。

昔の作品ですが、カンフー映画好きの方にはお勧めです。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました