それは、猫か??ナスカの地上絵

ペルーにあるナスカの地上絵。

世界遺産でもありますが、今も新しい『地上絵』が見つかってるそうです。

で、今回見つかったのが、

『ネコ』

の地上絵。

って、これネコかな??って思ったのは、僕だけでしょうか。

丘の急斜面にあったために、ほとんど消えかけていたそうです。そこで、1週間ほどかけて線の上の瓦礫をどけたら、この絵がでてきたそうです。

全長が37メートル、線の太さは30~40センチだそうです。

昔、ペルーでナスカの地上絵をみるために、セスナで飛んだことがあります。

機長が、

『みぎ、トライアングル』

『ひだり、タコ』

とアナウンスをしてくれて、その度に左、右を観てたのですが、

セスナって、酔うんですね。

めっちゃ気持ち悪くなって、ほとんど目をつぶって終わってしまいました。

って、関係ない話を書いてしまいましたが、2019年で山形大学の研究グループが143点の地上絵を見つけているそうで、これからもちょっと変わった地上絵がでてくるかもしれませんね~

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました