【映画】透明人間

ストーリー

「ソウ」シリーズの脚本家リー・ワネルが監督・脚本を手がけ、透明人間の恐怖をサスペンスフルに描いたサイコスリラー。富豪の天才科学者エイドリアンに束縛される生活を送るセシリアは、ある夜、計画的に脱出を図る。悲しみに暮れるエイドリアンは手首を切って自殺し、莫大な財産の一部を彼女に残す。しかし、セシリアは彼の死を疑っていた。やがて彼女の周囲で不可解な出来事が次々と起こり、命まで脅かされるように。見えない何かに襲われていることを証明しようとするセシリアだったが……。主演は、テレビドラマ「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」のエリザベス・モス。

映画.com

「透明人間…て、ホラーよな」と思いつつ、気になってみてしました。勝手にホラーと思い込んでましたが、サイコスリラーですね、確かに。

気配を感じ、夜の外にでるセシリア。吐く息が白い寒空。その横で別の白い息。このシーンのあたりから、少しずつ、ジリジリとした怖さが増してきます。

展開は最初はかなりゆっくり目で、だんだんと激しくなってきます。それにつれてストーリーも面白くなります。

ラストシーンのエリザベス・モスの表情がとても印象的でした。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました