【映画】タイタンの逆襲

観たことないなぁー

と思ってたのですが、最後のあたりを観てると、TVで途中から観た映画でした。

(ストーリー)
怪物クラーケンを打ち破ってから10年。神々の長ゼウスと人間の間に生まれたデミゴッド(半神半人)のペルセウスは、人間の漁師として息子のヘレイオスとともに静かな生活を送っていた。一方、人間からの崇拝が薄れたことで神々の力が弱まり、冥界に封じられていた巨神クロノスが目覚め始める。クロノスを鎮めようとしたゼウスは、ハデスと息子アレスの裏切りにより捕らわれてしまう。ペルセウスは愛する息子を守り、捕らわれたゼウスを救うため再び立ち上がり、同じ半神のアゲノールやアンドロメダとともにクロノスが眠る「タイタロスの牢獄」を目指す。

(映画.COM)

2012年の作品で、この時代の映像技術が高かったのを確かめられる作品です。逆にいえば、その技術が一番の見どころでした。

ギリシャ神話をほぼ知らないので、誰がどうで、そしてどんな関係でといった人間関係(神関係)がわからないので、ちょっとモヤっとしました。そもそも、神さんってこんなん??と思います(個人の感想ですが)

ゼウス、ポセイドン、ハデスが使ってる槍を合体させてでないと、クロノスを倒すことができないていになってて、それを作れるのは、へパイトスって神なんですが、途中でやられてしまって・・・(最終的にはペレセウスが重ねるだけで作ってしまう)、ゼウスが捕まってるタイタロスの牢獄に行くのは、また、この牢獄を作ったへパイトスの地図がないと行けないだけど、案内役の半身がよくわからなくなって、ポイして無茶苦茶に進んだら、ゼウスのとこまで着いちゃったみたいな。

へパイトスのシーン、いる??
最初のほうにゼウスが捕まったところから、行けるんちゃう??

とか思ってしまいました。

最初のあれですよ、キメラがでてきたあたりがクライマックスだった気がします。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました