【映画】アウトロー

BSかなんかでやっているのを観掛けて、面白そうだったので、amazonプライムで観てみました。

ストーリー

トム・クルーズが一匹狼の元軍人ジャック・リーチャーに扮し、難事件解決に挑む姿を描いたアクションサスペンス。英作家リー・チャイルドによるハードボイルド小説を、「ユージュアル・サスペクツ」のクリストファー・マッカリー監督・脚本で映画化した。米ペンシルバニア州ピッツバーグの郊外で、白昼に6発の銃弾が放たれ5人が射殺される事件が発生。元米軍スナイパーのジェームズ・バーが逮捕されるが、かつて米軍で秘密捜査官を務めていたリーチャーは事件の不審な点に気づき、真相をあぶりだしていく。ドイツの鬼才監督ベルナー・ヘルツォークが悪役で出演している。

映画.com

格闘シーンや、銃撃戦、カーチェイスといったアクションシーンはさすがに面白かったです。あと、射撃場のおじさんとのやり取り。結構ツボにハマってしまいました。

ただ単に、『沈黙の…』の主人公のように、ただ強いだけでなく、後から攻撃されるとやっぱりやられるし、また、罠にはめられた人を信じるための推理はなるほど!と思ってしまいました。あと、むやみにいちゃつくシーンがなくて、その点も評価。

amazonプライムの履歴をみると、この次の作品、『NEVER GO BACK』はすでに既読の印がついていたのですが、記憶が・・・そっちはいまいちだったのかな??

アクション、トム・クルーズすきやいしょーって方には、もってこいの作品です。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました