【映画】拷問男

スプラッターな映画です。あまりこの手の映画は観ないのですが、批評で気になったので、観てしまいました。

シングルファーザーのデレクは、ある日幼い一人娘を無残にも殺されてしまう。復讐を誓ったデレクは、犯人を見つけ出し自宅の地下室に監禁し、娘の復讐のためにあらゆる拷問を行い、犯人に想像を絶する苦しみを与え続ける。一人の優しい父親が、残忍な本性を徐々に表していく・・・。

BYFilmarks映画情報

邦題は、拷問男とありますが、実際は「daddy’s little girl」です・・・なんか、イメージが全然違います。拷問男だと、誰彼かまわず拷問してる感じになりますが・・・命より大切といって過言でない娘への復讐のため、拷問を、しかもできるだけ死なないように、時間をかけて行っています。

少し前、海外でエプスタインという富豪のペドフィリアが捕まって、その後拘置所で死んだ人がいましたが、性犯罪とかを犯す人には、こういった刑があってもいいじゃないかなと思ってしまいます(最後は、凌遅刑)。

あと、最後のシーン。地下から上がってきた主人公とその家族とのやり取り、台詞とかはなく引きの画像でしたが、そのワンシーンが頭に残りました。

正直、目をそらしたくなるシーンも多いですが、実際自分が感じてたより、自分自身がこういったスプラッター作品を最後まで観れたことに驚きも感じました。多分、単に気持ち悪いとかじゃなくて、主人公の感情がわかったからかなぁと思います。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました