【映画】テッド・バンディ

シリアル・キラーの語源にもなった、テッド・バンディを題材にした作品。

ストーリー

1969年、ワシントン州シアトル。シングルマザーのリズ(リリー・コリンズ)は、バーでテッド・バンディ(ザック・エフロン)と出会う。やがて彼女はテッドと暮らすようになり幸せをかみしめていたが、誘拐未遂事件の容疑でテッドが逮捕されてしまう。突然の出来事に戸惑うリズは、別の誘拐事件でテッドの愛車フォルクスワーゲンらしき車が目撃されていたことを知る。テッドは誤解だと説明するが、数々の事件への彼の関与が判明する。

byシネマトゥデイ

シリアル・キラーとして、最も有名な人の一人、テッド・バンディを題材にした作品。ただ、彼自身というよりは、シングル・マザーだった女性と、獄中結婚した支援者の女性との視点から主に描かれています。彼の犯罪の模様、殺人方法、死体損壊といったグロいところは、全く描かれていません。猟奇的なことを観たくて、作品を選んだ方には、ちょっと残念かもしれませんね(最後に首のない死体の写真はでてきますが)。彼女たちに見せるテッド・バンディのやさしさと、彼の残忍さというもう一つの顔を描いていれば(そうすると、映画を通して彼が主張するのと矛盾が起こりますが)、もっと、彼の狂った姿、サイコパスとしての姿をえがけたんじゃないかなと思います。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました