【映画】ギャングバスターズ

アマゾンプライムで評価が高かったので観てみました!

ストーリー

いかれたギャングの元夫カルロス(ビリー・ボブ・ソーントン)に、障害のある息子ロブ(トーマス・サングスター)を奪われたセレステ(エヴァ・ロンゴリア)は、アラバマの凶暴な荒くれ者、ウーディ3兄弟に息子を奪い返してほしいと依頼する。セクシーなセレステの頼みに、依頼を引き受ける3兄弟。しかし、連邦捜査官やカルロスの刺客といった手強い敵が次々と彼らの前に現われ……。

by シネマトゥデイ 

かなり良い作品。最初、警察(FBI?)のフリしてバンバン撃ち殺しながら、最終的に、『住所間違ってた』って。ちょっと良心が痛みましたが、相手も銃もってたし、悪そうな感じだったので、『やっぱり悪いヤツ達だったんだ!』と思うようにしました。

その銃撃戦を観た女性、セレステからの依頼でロブを連れ戻すように依頼された3人。追ってくる敵たちがなぜか北斗の拳にでてきそうな感じだったのか、ちょっと笑いましたが、でも、その追ってから逃げるうちに、兄弟の仲の良さ、ロブとの関係性の描かれ方がほんとに素敵でした(特に、3男とのやり取りが良かった)。

最後の最後の結末は、エンドロールで流れてきます。そこを見逃さず御覧ください。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました