【映画】トレーニング デイ

2001年のデンゼル・ワシントン主演の作品。一度、観たことがあると思ってたのですが、初見でした。
予想外の展開にびっくりです。

ストーリー

ロサンゼルス市警の麻薬取締課に配属となった新人刑事ジェイクは、ベテラン刑事のアロンソとコンビを組み、麻薬捜査のいろはを教え込まれる。数々の大事件を解決し、麻薬に絡むあらゆることを熟知しているカリスマ刑事アロンソは、ジェイクの手本であり憧れの存在。「かよわい子羊でいるのか。獰猛な狼になるのか。それを選べ」と忠告するアロンソは、犯罪摘発のためにはいともたやすく自ら法を犯す。とまどうジェイクをよそに、アロンソの行動はさらにエスカレートしていく……。

by 映画.com

少しネタバレが含まれます

正義心が強く、また、上昇志向の強い新人刑事ジェイク。彼が配属された麻薬取締課。ベテラン刑事アロンソとは、警察署とかではなく、カフェでした。そこのアロンソは、かなりファンキーで、ジェイクにとっては、ちょっと衝撃的だったかも。アロンソとコンビを組んで行動を共にしますが、アロンソの行動はかなりめちゃくちゃで、『麻薬取締役の人ってこんなめちゃくちゃなんかな?』と思わず思ってしまうレベルです。最初のころのアロンソは、そういっためちゃくちゃな行動を見せつつも、それによって、その街に安定をもたらしているように思えます。

ただ、少しずつ、話の方向がおかしくなっていき・・・図らずもジェイクもその行動に引き込まれていきます。『それでこそ、刑事だ』みたいな台詞を何回かでますが、だいぶ後半まで『やっぱり、これは、新人刑事を試すトレーニングや』とおもってましたが・・・全然裏切られました。

デンゼルワシントンの悪役は、多分初めてみました。クソのような人間を表現させても、やっぱり巧いです。最後にシーンとかも、めったに見れないデンゼルワシントンを観れてラッキーでした。

推理ものが好きな方には、お勧めだと思います。

観て、損なしでした。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました