【映画】ザ・アウトロー(トム・クルーズでないやつ)

ザ・アウトロー。似た題名で、トム・クルーズ主演のアウト・ローってのがありますが、この作品には、トム・クルーズはでてこないです。

犯罪が多発する米ロサンゼルスの街を舞台に、刑事たちと強盗団が繰り広げる激しい攻防を描いたアクションサスペンス。主演は「ジオストーム」「エンド・オブ・ホワイトハウス」のジェライド・バトラー。共演に「スカイスクレイパー」のパブロ・シュレイバー、「ストレイト・アウタ・コンプトン」のオシェア・ジャクソン・Jr.、「ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン」の50セント。48分に1回、銀行強盗が発生するといわれるロサンゼルス。型破りな捜査で知られるロサンゼルス郡保安局の重犯罪特捜班を率いるニック・オブライエンは、多発する銀行強盗に日々、立ち向かっていた。そんなある時、伝説の強盗と呼ばれるレイ・メリーメンの一味が3000万ドルの巨額銀行強盗を企てているとの情報が舞い込む。氷のように冷静で、綿密な計画を練るメリーメンに対し、ニックたちも徐々に一味を追い詰めていき、両者が対決する日が刻一刻と近づいていたが……。

by映画.com

批評の中で何人の方が邦題が悪いとの記載。
映画を観る限り確かに、この主人公の刑事はアウトロー的なところがありますが、確かにその邦題だと一面しかとらえていないような気がしました。実際の題名は「Den of Thieves(泥棒の巣窟)」です。

悪を倒すために、自分自身も超法規的なところをする主人公。ただ、それによって失うものも。撃ちあいのシーンも、『実際、そんな感じでやるんやろうなー』と。まあ、渋滞のところで撃ちあうのは別としても、結構リアリティがありました。最初、この主人公自身が実はめっちゃ悪くて強盗とつながってるのか??と思ったのですが、それはなかったです。

いやいや、さすがにアメリカでも、その時点で犯人捕まえるでしょうー

ってところもありましたが、まあ、その辺は、あまり気にせずに観てください。
最後のオチにちょっと驚きました。

ちょっとした心理戦、刑事もの、撃ちあいものが好きな方にはお勧めの作品です。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました