【映画】切り裂き魔ゴーレム

あれ、これ観たことあるかな??

と思いつつ、観たのですが、観てたのは、ほんの最初のところだけだったみたいです。

霧に包まれるロンドンの街で、連続猟奇殺人事件が起こる。容疑者として名前が挙がった4人のうち、1人はすでに別の殺人事件で死亡していた。事件を追う刑事ジョンは、この人物が犯人であれば話は早いと判断し、この容疑者のひとりを殺害したという女の裁判に出向く。日記に殺人の美学を書きつづっていた脚本家である夫を、女優である妻が殺したというのだ。妻が毒薬を仕込んだというメイドの証言により、妻は絞首刑に立たされる。しかし、裁判の過程を見守るうちに彼女の無実を確信したジョンは、真犯人解明に乗り出す。絞首刑執行までに残されたわずかな時間で、夫殺しの真犯人、さらには連続猟奇殺人事件の真犯人像に迫っていくのだが…。

by 映画の時間

切り裂きジャックの話かな??と思ったんですが、切り裂きはしますが、違いました。

犯人を追う刑事キルデアと、夫殺しの犯人になってるヒロイン、リジー。この殺された夫が現在起きている事件の真犯人だったのではないか?ということから二人の接点は重なりあい・・・刑事キルデアは男色ではないか?噂があったことから、二人の間に愛が芽生えるようなことはないと思うのですが、彼は、彼女に惹かれていき、会話を重ねる中で、彼女が殺した夫が犯人と確定するのですが・・・。

殺人シーンを容疑者がやったような推理シーンなので、最後の最後まで犯人がわからないです。多分、キルデアが最後に助けようとした行動も計算のうちだったのかもしれないです。

オチに向かう、伏線の回収や、犯人の真の心理がわかった時の”おーつつ!”っていうのが好きな方には、お勧めの作品です。

個人的には、犯人を決める手立てが、ほぼ筆跡鑑定だけだったのが・・・まあ、それがフィナーレに続くのですが・・・。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました