【映画】ダーク・プレイス:兄に会いに行ったあたりから、面白くなります。最初は、つらいです。

各サイト評価

Yahoo!映画:3.1
filmarks:3.2
AamazonPrime:3.5
映画.con:3.1
個人評価:3.5

ストーリー

リビー(シャーリーズ・セロン)は7歳のときに母とふたりの姉を殺される。生き残った彼女の証言によって、15歳の兄ベンが殺人犯として逮捕され収監された。家族を失ったリビーは寄付金で暮らしていたが、それも底をつきはじめていた。そんなとき、彼女は有名事件の真相を語り合う「殺人クラブ」のライル(ニコラス・ホルト)と出会い、謝礼目当てで家族に降りかかった事件を語るのだが、事件を振り返って調べていくうちに衝撃の真実が隠されていたことに気付く…。

byfilmarks映画

いろんな意志が交錯するサスペンス映画。最初、リビーがお金ばかりのことを言うので、少し感情移入ができないです。ただ、悪魔崇拝者(彼女の影響でなったのか)の兄に刑務所まで会いにいったことから、話がテンポよく進みだします。悪魔崇拝関係で、チラッと、リチャード・ラミレスという実際に実在した悪魔崇拝者のシリアルキラーがでてきます。当時の時代背景が少しわかるような気がします。

話は、ほんとにいろんな意志が交錯しています。暗めというより、暗く、かといって最後に爽快感がくるわけでもありません。サスペンスとしては面白いのですが、好きか嫌いかは個人によるところが大きいと思います。

個人的には、ストーリーを忘れることのないサスペンスだったので、面白かったと思います。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました