【映画・ドラマ】オールド・ボーイ /主人公に嫌悪感を抱くが・・・最後オチは、そうきたかと納得。

スポンサーリンク

各サイト評価

AamazonPrime:3.4
Yahoo!映画:3.2
filmarks:3.4
映画.con:3.2

個人評価:3.5

ストーリー

1993年10月8日、広告代理店重役ジョー・ドーセットの人生は、はてしない悪夢にのみ込まれた。真夜中の街をさまよっていた彼は、泥酔して意識が混濁するなか、安ホテルのような一室に閉じ込められてしまったのだ。何者かの監視下に置かれ、ひたすら単調に流れる時間に精神を蝕まれる絶望の日々。理由も分からない監禁生活がついに20年目に突入したある日、ジョーは突然外界に解放された。監禁中に妻殺しの汚名を着せられたジョーは、休む間も惜しんで猛然と動き出す。愛娘ミナとの再会を果たす前に、何としても自分を陥れた男を捜し出し、復讐を成し遂げねばならないのだ。やがて彼の前に姿を現した犯人は、あらゆる人間の良心を捨てた冷酷非情な男だった……。 (C) 2013 OB PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

by AmazonPrime video

韓国の作品をアメリカでリメイクしたのがこちらの作品だそうです(韓国版は観てないです)。

話は面白くて、犯人の理由(個人的には、父親が悪いと思うのですが)、最後のオチはそうきたかと思いました。

ただ、いかんせん、最初のあたりから途中(娘のために心を入れ替えてトレーニングするまで)の主人公、ジョーのくずっぷりが・・・嫌悪感さえ浮かびます。

ストーリーはいいので、主人公のくずっぷりが気にならない人にはお勧めの作品です。

Amazon.co.jp

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました