バイバイ、ペレさん、ココちゃん。またいつの日か!

スポンサーリンク

久しぶりのブログの更新です。

ゴールデンウィークに入るころから、ペレさんの調子が悪くなって病院に通ってたんですが、
5月10日に、虹の橋を渡りました。

症状は、食べたもの、特に固形物を食べると吐き出す症状で、最初は胃か腸の病気かと思ってたんですが、薬を与えても症状が改善せず。造影剤を飲ませて検査した結果、
『巨大食道症』
という病気とわかったのですが、わかった翌日に亡くなりました。

病院でも、年に1匹か、2匹、犬か、猫であることはあるそうですが、フェレットでは珍しい病気だったそうです(数が少ないので、もしかしたら多いのかもしれません)。

現在では治療する方法がないようです。

ココのほうは、大阪の病院のほうにペレと一緒に連れて行った際に、そこのスタッフの方に、フェレットを飼われてる方がおられて、
『呼吸が浅いので、検査してみましょう』
と検査したところ、
『リンパ腫』
でした。

その後は、和歌山のほうで再度検査してもらって、やっぱり同じ結果で。
抗がん剤や、きつい薬とかも飲んで頑張ってたんですが、5月25日に虹の橋を渡りました。

もう少し早く、気づいてあげれてたらと悔やむばかりです。

ペレの葬儀の際に、一度だけ、お会いしたことのある、FBのお友達の方が急遽参列してくれました。
僕とおかはんとだけと思ってたんですが、ちょっとびっくり。ペレの人徳の高さですかね。
(葬儀屋さんは、ペレとココともにこちらに依頼しました。)

ペット火葬和歌山 | 天国への扉ペットメモリアル和歌山・24時間受付・訪問火葬
ペット火葬和歌山・天国への扉ペットメモリアル和歌山では大切な家族の旅立ちに、たくさんの「ありがとう」を伝えられるようペット火葬に心をこめて​お手伝いさせて頂きます。24時間受付・シンプルな個別火葬から、セレモニーペット葬儀一式まで、様々なご要望にもお応えできるよう真心こめて対応させていただきます。和歌山ペット火葬 和歌...

僕は結構な雨男で、ペレとココの葬儀の際も雨。
ただ、おかはんは、結構な晴れ女なので、土砂降りの予想→なんとかいける

って感じになりました。これも感謝です。

家に帰るときに、いつも開けてたペレ部屋のドアを開けても、誰もいないというのは、ほんと寂しいもので、あと、今住んでるマンションってこんなに広かったんやなーとしげしげと思ってます。

ペレさん、ココちゃん、ほんとにありがとう。
今は悲しいですが、でも楽しい思い出が沢山で、とても幸せです。
また、いつか。
天国で、楽しく遊んでくださいね。


コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました